このプロジェクトの背後にある建築家であるイェーテボリ出身のJV Arkitekterは、このプロジェクトの一環として、レストランとロビー用の新しいシリーズのランプDecostickを作成しました。レストランの天井を覆う装飾品からインスピレーションを得ています。 「私たちはモダンに感じられると同時に、Hotel Rivieraの初期の雰囲気を捉えたシーリングランプを作りたかったのです」とJV Arkitekterは言います。

デコスティックは、2つのガラス電球と小さなスポットライトで構成されています。それは、それが異なる光度を維持することを可能にする異なるスイッチを持っています、例えば、ガラス球からのより柔らかな一般的な光と、テーブルを直接照らすもう1つの強い光。

The Architects behind this project, JV Arkitekter from Gothenburg, created as one part of this project a new series of lamps for the restaurant and lobby, named Decostick. The inspiration comes from the ornaments covering the ceiling in the restaurant. “We wanted to create a ceiling lamp that felt modern but at the same time captured the atmosphere of the early days at Hotel Riviera” says JV Arkitekter.

Decostick consists of two glass bulbs and a small spot light. It has different switches which enables it to keep different luminosity, for instance a softer general lightning from the glass bulbs and one stronger lightning pointing directly at the table.

 

ARTICLE NO. & MODEL

型番&モデル

P35-180

Brushed brass and opal glasses

磨き高銅とオパールガラス

Decostick

    Success! Message received.