アーティストのマリンメナによるクラウンは、素材の可能性の限界を押し広げる吹きガラスのシャンデリアです。Crownは、下にある金属構造の周りに吊り下げられた吹きガラスの電球のチェーンから組み立てられた、アンフォラの形をしたシャンデリアで、柔らかく青々とした光で輝きます。 「ガラスは魔法のような魅惑的な素材です」とマリンは説明します。 「The Crownを使用して、照明を通してその品質を強調したかったので、Örsjöを選びました。ガラスの美しさを鉄、真鍮、銅の要素と組み合わせると、アートワークと照明器具の境界がなくした逸品です。」

The Crown by artist Malin Mena is a blown-glass chandelier that pushes at the limits of material possibility. Assembled from chains of blown-glass bulbs that are suspended around an underlying metal structure, The Crown is an amphora-shaped chandelier that glows with a soft, verdigris light.

“Glass is a magical and seductive material,” explains Malin. “With The Crown, I wanted to emphasize that quality through lighting, which is why I turned to Örsjö. Pairing the beauty of glass with iron, brass and copper elements has helped to blur the boundary between artwork and light fixture.”

The Crown

    Success! Message received.